バック(後背位)で女性をイカせる方法。語りきれないバックの魅力とは

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

バック(後背位)が1番好きな体位という男性・女性は多いです。バックの体勢は動物の交尾にような姿勢になるため、通常の体位よりも興奮度は高め。

視覚的にも男性が女性を支配している感じがするため、S男・S女に特に人気です。バックにも種類はいろいろあります。バックの魅力とバックの体位についてチェックしてきましょう。

バック(後背位)の魅力

shutterstock_1036747417

バックは後ろから挿入する体位です。他の体位と比較した時に、どのような魅力・メリットがあるのでしょう。

1.一番気持ち良いから

一般的には正常位がポピュラーな体位ですが、バックが好きな男女は一定数存在します。理由としてはやはり1番気持ちが良いから。

女性の中でも膣の付き方がバックに向いてる人とそうでない人がいますが、バックに向いているタイプの膣を持っている人は特にバックで快感を得られます。

バックは密着度が高く膣の奥、子宮直前まで挿入することが可能。また膣に対して角度的に鋭角になりやすいため強い刺激を与えることができます。

Gスポットなどの敏感な性感帯を刺激できるので、男女ともに気持ち良く感じてオーガズムに達しやすくなるようです。

2.表情を見られる事がないから

女性がセックスをする体位でバックが好きな理由の一つとして、相手に表情を見られる事がないという点が挙げられます。

挿入されている時というのは、 気持ち良さで我を忘れてしまいそうになる事もあります。

そんな時に自分がどんな表情をして感じているのかを気にしながらセックスするよりも、表情が見えないバックでする方がセックスに集中できるという意見もあります。

3.男性に支配されている感じがする

女性がセックスの体位でバックが好きな理由の一つとして、男性に支配されている感じがするという事が挙げられます。

女性自身が自分のお尻を突き出して、それを後ろから挿入されるというのは、男性に身を任せている感覚になるので、より興奮する事ができ感じやすくなったりするようです。

4.M願望が満たされるから

バックの体位が好きな女性の特徴として、Mっ気の傾向が強いということも挙げられるでしょう。

基本的に男性はバックになると攻撃的なセックスになります。男性がやりがちな行動としては、お尻をペチペチ叩く、お尻を鷲掴みにするといったことが多いです。

もっとSっ気の強い男性の場合は、後ろから腕を引っ張ったり、女性の長い髪を引っ張り上げたりといった行動をする人もいます。

M願望のある女性はこういったプレイに対しても興奮してしまいます。バックであるとよりこういったプレイになる傾向にあるので好きという女性も多いのです。

5.男性に対して非常に従順であるから

後背位、いわゆるバックは、四つん這いになりお尻を突き上げるポーズですよね。無防備になることから、これは相手に対して服従のポーズだと言われています。

このバックというを体位を好む女性は、男性に対して非常に従順であると考えて良いのではないでしょうか。基本的に男性がリードしているカップルかもしれませんね。

更に、無防備な体勢でセックス出来るということは、相手と信頼関係が成立しているとも言えます。

6.獣になれるから

女性がセックスの体位でバックが好きな理由の一つとして、獣のようになれるという点が挙げられます。

動物同士が交尾をする時というのは、ほとんどの場合がバックです。オスが敵から襲われてもすぐに逃げられるようにという理由ですが、人間も動物と同じようにバックでセックスしていると理性を忘れて獣のようにセックスする事ができます。

7.ブサイクでも気にならないから

バックで行うセックスの場合、お互いの顔を見られないという利点があります。転じて顔がブサイクでコンプレックスであっても気にならないという点が魅力。

正常位だと相手の男性と向き合うかたちになってしまうので、相手がブサイクだとその表情もわかってしまいますが、バックだと相手の顔が見えないので自分の好きなよう想像にふけりながらセックスをする事ができます。

8.お尻を攻める/攻められるのが好き

胸にはあまり自信がない、だけどお尻には自信がある。そういった女性も多いです。そんな女性が好む体位がバックです。

お尻を持ちあげて突き出す姿勢は、形のいいお尻をより魅力的に相手に伝えることができます。

お尻自慢の女性が最大限に自分の武器をアピールする手段としても、バックは非常に有効な体位。またおしり好きの男性にとっても、ずっとお尻を触ってられるのがメリットです。

バック(後背位)で女性をイカせる方法

1.動物スタイル

女性が四つん這いになり、男性が後ろから挿入する一番スタンダードなバック。女性の腰を持って、ガンガン突くことで、本来忘れていた人間の動物的な欲求を思い出すでしょう。

腕を引っ張って、上半身だけ起こすスタイルもおすすめ。これはAV男優しみけんさんの得意技ロールスロイスとも呼ばれます。(ロールスロイスのエンブレムに形が似ているため)。女性の上半身を持ち上げることで胸を愛撫したり、クリトリスも刺激できます。

2.立ちバック

男女ともに立った状態で行う体位。お風呂場などの狭い場所や、スペースが限られる野外などで特におすすめ。

立ちバックは、男性からすると1番犯している感覚が強い体位。女性も犯されている気分を味わえるので、Sな男性とMな女性の組み合わせであればぴったり。

3.寝バック

お互いがうつぶせになった状態で行うのがこの寝バック。密着度が非常に高いので、肉体的にも精神的にも満足度の高い体位です。

女性はうつぶせに寝たまま、男性は後ろから挿入し、女性の太ももを足で挟みます。

姿勢が楽な点と、中イキしやすいのがメリット。膣の締まりも正常位に比べて強いため、男性にとっても快感度は高い体位です。

寝バックはどれだけ密着させられるかがポイント。正常位で奥まで挿入すると痛がる女性も多いですが、バックなら痛みは少なく、奥まで突くことができます。

関連した記事

[48手体位]炬燵かがり(こたつがかり)のやり方と注意点

寒さの厳しい冬にはこたつがかかせません。特にセック...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]抱き地蔵(だきじぞう)のやり方と注意点

彼女とイチャイチャしながら、ラブラブなセックスを実...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]しがらみのやり方と注意点

江戸時代から伝わる四十八手。もともと相撲の決まり技...

2019年07月04日, 体位・四十八手

いま話題の記事

特集