セックスが怖いと感じる理由:無理に克服する必要があるのか?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

お付き合いが始まり、次第に関係も深まると、どうしても出てくるのがセックスの問題です。

自然にセックスできる人もいれば、中にはあまりセックスをしたくない、セックスに恐怖を感じる女性もいるようです。

彼氏のことが嫌いなわけではないのに、どうしてもエッチすることに踏み切れない。そんな方にぜひ読んでほしい記事です。

セックスを怖く感じる原因

知らないことに対する恐怖

人間が感じる恐怖のほとんどは「知らないこと」に起因しています。おばけが怖いのも、死ぬことが怖いのも、実態がなく、誰も経験したことがないからです。

目に見える怖さや経験したことのある恐怖は、自分で対処もできますし、気持ちの折り合いもつけられます。

セックスに関しても、自分で体験したことがなく、怖いイメージがあなたのなかにこびりついている可能性が高いです。

自分に自信がない

自分が太っている、毛深い、他の女性とニオイや形が違うかもなど、自分の見た目にコンプレックスを抱えている女性は、その自信のなさからセックスに恐怖心を抱きがち。

特に女性は男性と比べて他人からどう思われているのかがとても気になる生き物。好きな人が相手ならなおさらのことでしょう。

過去のトラウマ

過去に肉体関係のあった男性から「セックスが下手」や「気持ち良くない」などの心無い言葉を言われたことが原因かも。

セックスは1人で楽しむものではなく、2人で行うコミュニケーションの一つ。

あなた一人の問題ではありませんので、過去の言葉のみに縛られる必要はありません。

気持ちよくない

セックスしても精神的、肉体的に気持ちよくないと感じており、恐怖心というより虚無感を感じているのかもしれません。

過去のセックスで痛い思いや気持ちいいと感じたことがなければ、なかなかセックスする気にもなれません。

もし男性側のテクニックの問題であれば、しっかりと話し合う必要があります。またあなたの肉体的な問題であれば、ローションなどを使ってみる方法もあります。

パートナーに対して不信感がある

彼に対して浮気の疑いや、本当に自分ことを好きなのかなど不安に思っていることはありませんか?

人は正体の不明なものに対して恐怖感を抱きます。彼に不審な点があれば好きだからセックスしようと言われても、むしろ嫌悪感を持つことも。

セックス=汚らわしい行為という認識

小さいころ、テレビでベッドシーンや女性の裸が映されると、家族団らんの空気が一遍した、なんて経験はないでしょうか。

もしくは、親に「見てはいけません!」と言われたり。

誰しも身に覚えのある光景でしょうが、責任感の強い女性は特に、幼少期に言われたことが脳に焼き付いて、いつしか「セックス=いけない行為」と無意識に思っているパターンがあります。大人らしい節度あるセックスは人を成長させてくれます。子どものころの自分を許してあげましょう。

セックスが義務になっている

お付き合い、もしくは結婚したらそのパートナーの相手になってあげなくてはならないと考え、いつしかセックスが義務を果たすかのような行為になりつつある女性もいるようです。

または、両親に孫をせっつかれ、子作り行為としてのセックスしかしなくなったなど、セックスは決して義務ではありません。お互いの愛を確かめ合うためのものです。

自分だけ我慢すれば解決することでもありません。相手ともきちんと向き合いましょう。

セックスの恐怖を取り除くことはできる?

勇気を振り絞る

彼のことが嫌いじゃなければ、あとはあなたから踏み込むだけです。

未知の世界に飛び込むことは誰だって怖いこと。多くの人は未知への恐怖より、好奇心の方が勝ってしまうのかもしれません。

でもあなたはちょっとだけ臆病なのかも。

結婚してもいいと思うほどの相手であれば、いつかはセックスする日がくるはず。勇気をもって飛び込んでみて。

自分に自信を持つための努力をする

もし自分の容姿にコンプレックスがあってセックスに抵抗がある場合は、自分磨きをしていく必要があります。

顔にコンプレックスがある場合はメイク、毛深いなら脱毛に行く、太っているなら運動をするなど、問題に対して一つ一つアプローチしていきましょう。

ただそのコンプレックスは自分が思い込みすぎている可能性もあります。

自分が思っていることを、必ずしも相手も同じことを考えているとは限りません。すべてをオープンにすると気が楽になる。そういう考えもあります。

パートナーに相談する

やはりセックスは2人で行うものなので、自分だけで解決するには限界があります。

セックスが怖いというと馬鹿にされるかもしれませんが、勇気を出して言ってみることが大切。

好きな女性から相談されて無碍に扱う男はいませんし、そういう男と無理に付き合う必要もありません。

なぜあなたがセックスを怖いと感じているのか。その原因を2人で見つけることでよりよい改善に導くことができるでしょう。

ローション、大人のおもちゃを使う

もし肉体的に痛くてセックスに恐怖心があるという場合は、ローションを使うのもおすすめ。

ローションはセックスのときの潤滑油のような働きをするので、挿入がスムーズになります。

また体に力が入りすぎてると緊張して膣も締まってしまうため痛みが生じている可能性も。

一緒にオフロに入ったり、大人のおもちゃを使ってしっかり前戯するなどしてリラックスしてください。ゆっくりと少しづつ挿入することで、痛みに慣れる可能性もあります。

マンネリ解消に。ラブコスメ・リュイールホット

焦らずに自分のペースで

セックスに恐怖を感じるのは、ある意味仕方のないことです。自分の中の幸せはなんなのか考えてみましょう。

彼氏とずっと一緒にいることなのか、それとも自分が幸せになりたいのか。彼氏とずっと一緒にいるつもりなら、いつかはセックスすることになるでしょう。

自分はセックスする恐怖を避けて生きていきたいのであれば、それはそれで問題ありません。妊娠するリスクや、ホテルにいってちょっと強引な流れに巻き込まれるのは女性であるあなたです。

一番身近にいる友だちに相談してみるのもありですね。

関連した記事

セックスが恥ずかしいときの対処法:電気を消しても気になるときは

まだ経験が浅いと、セックスする時、恥ずかしくなって...

2019年07月05日, 女のセックスの悩み

10代セックスの特徴:10代の童貞処女の割合は?

10代はその大半を学生として過ごします。肉体的には...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

処女の価値とは?なぜ男性は処女であることを求めるのか

「処女信仰」という言葉を聞いたことはありますか?男...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

いま話題の記事

特集