女性が本当に感じる性感帯7スポット

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

女性の身体はとても複雑でデリケート。感じる場所も人によって微妙に異なります。女性が感じる性感帯スポットを把握して、よりレベルの高いセックスを目指しましょう。

女性が本当に感じる性感帯スポット

1.耳から首筋にかけて

shutterstock_660442189

耳から首筋は、ほとんどの女性が感じるポイントです。ただ闇雲に触られたり、舐められて唾液まみれにされてしまったら、感じるどころか興ざめ。

愛撫する際は、首筋から耳へと絶妙なタッチで撫でられたり、舌先でそっとなぞってみてください。女性によっては一気にエロいスイッチが入ってしまうでしょう。もちろん耳元での囁きも忘れずに。

2.おへそ

shutterstock_692587345

意外に感じるかもしれませんが、おへそも立派な性感帯。腹部リンパ節の張り巡らされているエリアであり、おへその少し上は神経が集中している部分です。

神経は子宮頚部へとつながっています。ですから、インサートの最中に指先で軽く押さえるようにして、おへそに刺激を与えると、思いもよらぬ反応を示すことがあります。

3.乳首

shutterstock_1195993129

乳首も当然性感帯。しかし、その感度は人によって千差万別。軽く触れられただけも電流が走ったように感じる人もいれば、強く噛まれるのが好きという女性もいます。

その人の乳首の感度を確かめながら、大切に愛撫をしてください。そこへと辿り着くルートも大事です。脇腹、脇の下や、乳房の周囲から、じっくり乳首へ到達するように焦らしていく方法は効果的。

4.手足の指

shutterstock_1091755112

手と足の指を一本ずつ口に含み、舌を絡ませるように、ねっとりと愛撫してください。

指と指の間も丁寧に舐めください。そのぬめりとした感触に、思わず身体をのけぞらせてしまう女性は少なくありません。

5.太ももの内側

「内側」は、性感帯の重要なキーワード。腕の内側、膝の内側、股の内側、口の内側など、なかでも太ももの内側は普段触れられることがないため感じやすい場所です。

性器にも近いため、そろそろ性器を触られるという期待感も加わり、ここを丹念に愛撫すれば、快楽へのボルテージは一気に上昇していきます。

6.クリトリス

jay-cee-181360-unsplash

クリトリスは細かい血管が集まった、まさに男性で言えばペニス。興奮すると血液が集まり、大きさで固くなります。

クリトリスを優しく刺激すれば、多くの女性は快楽を得ることができるでしょう。けれど、いくら感じるからといってずっと刺激し続けていれば、それが痛みや不快感に変わって、かえって逆効果になる場合もあります。

ひときわ敏感な部分ゆえ、とにかくやさしく、慈しむように愛撫をしてください。積極的に舌を使うこともお勧めします。

7.ヴァギナ

ヴァギナ、つまり膣は感じる場所の中心です。実は女性の膣の感じる部分は、入り口から三分の一くらいまでと言われています。ですから愛撫はその部分を中心にするのが効果的。

すべての女性に当てはまるわけではありませんが、Gスポットのような性感帯を持っている女性もいます。Gスポットは中指を第2関節までいれて上の方、恥骨のあたりにあります。膣の中のどこが一番感じる部分なのかを把握しておくことも、女性が最高のオーガズムを得るためには大切です。

挿入前にこれらの性感帯を時間をかけて丁寧に愛撫することで最高のセックスを目指せるでしょう。

関連した記事

彼氏とセックスしたくない理由8選:コンプレックスが原因?

女性の心理状態はいつも不安定。大好きな彼氏でもセッ...

2019年06月19日, セックス

フェラが嫌いな女性のための克服法、男性が注意すべきことは?

男性とセックスをする上で必要になるテクニックや、お...

2019年06月19日, セックス

Huluで見られるエロい映画10選:アダルトシーン満載の作品を紹介

アメリカの動画配信サービス「Hulu」。人気ドラマ...

2019年06月24日, セックス

いま話題の記事