70代のセックス事情:夫婦の営みは20%に

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

70代は、2018年に日本の人口においても多くを占めており、65歳の高齢者というくくりにおいても、存在感のある世代。そんな70代ですが、セックスも盛んであることはあまり知られていません。

日本性教育協会がおこなった2017年の発表によれば、70代の男性で夫婦のセックスが月に1回以上あると答えた割合は、18%となっており2割近くに上っています。女性では9%にまで下がりますが、70代といえども夫婦の営みが定期的に行われていることがわかります。

配偶者以外ともセックスを

またこの調査では、配偶者以外と親密な関係にあることを明かした70代が、男性では32%となっており女性では5%ではあるものの、いずれも一定数の割合がいます。セックスには限らないものの、男女ともに70代であってもあわせて37%の人が不倫を経験していることがわかります。

また配偶者がいない人も、70代であっても積極的にセックスをしていることがわかっており、高齢者という括りになる70代ではありますが、セックスや恋愛が盛んであることがわかります。

セックスの形はさまざま

ただし、70代になるとセックスと言っても挿入や射精をともなうものではなく、身体的なふれあいや精神的な安らぎを目的にするものがメインになります。男性は70代になっても性欲が旺盛な人も多いものの、女性は閉経を経験するため、挿入は痛みを伴うことも。

そのため、身体を触ったり抱きしめたりする形のセックスをするケースが増えることになります。

70代の不倫も増加中

また不倫については、70代で増加している側面もあります。結婚生活を長く送り、子供の成長を見守った後の女性が、新たに浮気・不倫を始めたいと考えて、同世代同士の集まりなどから不倫に走るケースも。

関連した記事

20代セックスの特徴: 20代童貞の割合は?

20代前半は学生を終え社会に出るタイミングです。最...

2019年07月04日, セックス

女性の忘れられないセックスの思い出:実際の体験談を紹介!

セックスとひとくちに言っても、好みは千差万別。価値...

2019年07月01日, セックス

デブ専必見!デブ女の魅力やセックスの特徴を紹介

世の中は、ダイエットブーム。しかし、太ったデブ女を...

2019年07月01日, セックス