セックスで疲れる理由:疲れないための対策とは?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

夫婦やカップルにおいてセックスはとても大切。愛し、愛されていることを実感できる機会ですが、セックスで疲れてしまう人も多いです。

日常的に運動をしておらず、体力がない人はセックスでも疲労をきたし、翌日の仕事などに影響することも。

セックスで疲れてしまう原因を把握し、翌日も元気に過ごせるようになりましょう。

セックスが疲れる理由

気持ちが乗ってない

誰にでも「今日はする気分じゃないな」という日はあるでしょう。仕事で疲れていたり、プライベートで嫌なことがあったりすると、当然セックスする気になれません。

そんなときに相手に求められてセックスしても、気持ちよくないばかりか、早く寝かせてほしいと思うこともあるでしょう。

セックスの頻度・回数が多い

気分が乗ってきて一晩に何回もセックスすることもあります。激しいセックスは体力勝負。連日連夜、セックスをしていれば肉体的疲労が蓄積します。

愛し合うのは素敵なことですが、翌日の予定も踏まえて行動したほうがいいでしょう。

相手に求められることが多い

セックスの最中、相手に「●●をもっと●●して」とか「●●と言ってみて」など指示されたり、要求が多かったりすると疲れます。

私は風俗嬢じゃないと思っても仕方ありません。セックスはお互いが気持ちよくなるもの。気をつけましょう。

相手が全然イカない

相手の男性が全然イカないと、永久に付き合わされることになります。

1時間も2時間もセックスに付き合わされると、いくら体力があってもさすがに疲れます。

さっさとイッてほしいと思ってもやはりカラダのことなので、そういうわけにもいきません。

相手がすぐにイケないのはあなたのせいではなく、カラダの機能の問題かも。男性の場合、膣内射精障害と呼ばれるものかもしれないので、何度セックスしても全然イケなくなったら一度病院で診てもらってください。

相手のセックスが下手

セックスが下手な相手だと、こちら側も疲れてしまいます。AVで見たようなテクニックをそのまま実践しようとしたり、女性の場合はマグロだったり。

お互いが気持ち良いポイントを探して行うのがセックスですが、下手な相手は自分本位なセックスをしようとします。

そんなセックスに付き合っていたら、疲れるだけで何も気持ちよくありません。

セックスで疲れないためには

セックスしていると、疲れてしまって中折れしてしまう男性がいます。男性は肉体的に疲れを感じてしまうと勃起しにくくなります。

仕事などで疲れているときのセックスの方法について見ていきましょう。

セックス自体の時間を短くする

基本的にセックスは運動なので疲れるもの。できるだけ短い時間でセックスを済ませましょう。

長い時間をかけてセックスするのもいいのですが、時間が短ければ体力を浪費することもありません。

たまには濃厚なセックスもいいですが、平日の夜など時間がないときは、10分20分程度で終わらせるように調整しましょう。

体力がない方は、手コキやお口でするのも効果的。全身を使わないため体力の消費が少なくてすみます。

挿入している時はゆっくり動かす

男性によっては女性をイカセようと必死になり、高速のピストン運動をする人もいます。当然、腰を動かしているスピードが速ければ疲れやすいでしょう。

疲れている場合はスローセックスがおすすめ。スローセックスでも十分に快楽を得ることが出来ます。

体を鍛える

何度も言うようにセックスは体力勝負です。基礎体力や筋力がなければ疲れてしまいます。

セックスは全力疾走した時と同じくらいの体力を消耗するという説があります。セックスが終わったあと、すぐに眠くなってしまうのは体力をかなり消耗しているから。

日頃からランニングをしたり、筋トレをすることによって、体力をつけるようにする疲れにくいカラダになるでしょう。

鍛えるなら太もものような体の中で大きな割合を占める筋肉を鍛えると効果的。男性は勃起力向上につながります。

食事に気をつける

普段食べているものが栄養が偏ったりしていると、体力アップにはつながりません。朝昼夜と3食きっちりと食べ、スナック菓子や脂っぽい食事は控えることです。

スナック菓子や脂っぽい食事は脂肪がつきやすく太りやすいです。体が太っていると動きづらくなり余計に疲れてしまうでしょう。

スタミナがつくお肉やにんにくなどでエネルギーを蓄えて。野菜、魚、果物などといった栄養バランスがいい食事を毎日とることで、疲れにくいセックスを実現できます。

サプリメントやプロテインも効果的

普段の食事に加え、マカなどの男性に効果があるサプリメントや、筋トレと合せてプロテインを摂取することもセックスするときに疲れにくい身体を作ることができるでしょう。

効果は人それぞれですが、日頃から栄養補助食品を摂取することで、セックス時の中折れを防いだり、勃起状態を継続的に維持することでセックスしているときに疲れにくくすることは可能です。セックスで疲れやすい人は、普段の生活を見直し、基礎体力の回復を目指しましょう。

セックス疲れを知らないあたたに

セックスは体力を消耗するものですが、性欲の強い人にとっては、疲れよりも「ヤリたい」という欲求が勝ってしまう場合も。

そんな人におすすめなのが出会い系サイトです。

老舗の出会い系サイト「Jメール」は国内最大級の600万人の累計会員数を抱えており、女性からの信頼も厚いです。

特にアブノーマルな趣味や人には言えない性癖を持つ女性が多く登録しています。中には「何回でもセックスしたい」という体力おばけがいる可能性も。

クラブやバーに出向いてわざわざナンパする必要はありません。自分の住むエリアに女の子がいないかチェックしてみて。登録は無料です。

Jメールに無料登録(18歳以上)

関連した記事

看護師とセックスする方法:夜勤明けが狙い目

看護師はエロい人が多いという噂がまこしやかに囁かれ...

2019年07月04日, セックス

”いいセックス”とはなにか?肉体と精神が両方満足するセックスを目指して

心地よい恋愛関係や夫婦関係を長く保つために欠かせな...

2019年07月04日, セックス

日本の奇習”夜這い”とはどのような文化だったのか

現代ではほとんど見られませんが、昔、日本には「夜這...

2019年07月01日, セックス