パパ活相場は下落してる?都市と地方の相場の違いも解説

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , パパ活

若い女性とデートがしたい男性、大人の男性と過ごしてお金をもらいたい女性は多いです。それらの欲を満たすために、パパ活はいたるところで行われています。

パパ活にはどのくらいのお金がやりとりされているのか、相場はいくらくらいなのか、それを知ることでパパ活も始めやすくなります。

バイトだけではやりくりできないと困っている人はパパ活で稼いでみて。

パパ活の相場は下落している?

rawpixel-771273-unsplash (1)

パパ活の相場ですが、以前よりも下落していると言われています。パパ活が以前より一般的になったため、新規参入する女の子が増加。競争が激しくなっており、安くしないとパパが見つからないという事態に。一方でモデルやインスタグラマーなど、容姿に自信がある人の金額は高まっており、二極化が進んでいます。

一般的なパパ活の月額相場

一般的な相場はパパ活の内容に依存します。もちろん肉体関係込みだと値段は上がってきますし、逆にデートのみだとリスクは少ない分金額も減ります。

また定期的な頻度で会う関係になると、月額でお小遣いがもらえます。

顔合わせの相場

パパ活を始める上で最初に行うのが顔合わせ。男性側はデートするのに相応しいのかどうか、女性側は安心できる相手なのかどうかを見極める必要があります。

顔合わせは主にカフェなど軽い食事を通して行われます。食事をしながら相手について知っていくことが目的。

顔合わせで気に入ってもらえれば、カフェでの食事代抜きで5000円~10000円ほどが相場。気に入ってもらえなければ、食事代のみで解散ということもあります。

好印象をもらえるように相手の好みをリサーチして、聞き上手な女性になれるよう努力しましょう。

食事のみの相場

顔合わせとはまた別で、食事デートを行ったときの相場は上がります。男性の年収にもよりますが、食事だけでのパパ活は一回1~3万円くらいが相場です。

月額になると、5~10万になります。女性と手ごろな価格でデートしたい男性や、パパ活にあまり時間を割いていられない女性は、食事のみのパパ活がおすすめ。

一日デートの相場

alina-kovalchuk-1273139-unsplash

食事だけでは物足りないと人は、一日デートを主流にしています。一日デートだと、ランチから映画やショッピングをしてディナーというのが流れになり、それにかかる費用プラスお小遣いとなります。

デートに費用がかかっており、プレゼントにも別途でお金が必要なので、相場は食事のみのときと変わらず2~3万円。月額だと5~15万円ほどです。

プレゼントなどでも収入を得ている女性はいるので、物がほしいという方におすすめ。

大人の関係ありの相場

一日デートの相場は、食事のみの相場とそこまで変わりませんでしたが、肉体関係が関わってくると相場は大きく上がっていきます。

体の関係をもつことで、男性側も大きく気を許しますし、既婚男性の場合は女性と秘密を共有する必要があるので、そのぶんの約束料がお小遣いに含まれます。

相場は一回で2~10万円となっており、月額10~50万円ほど。

ただし女性側も男性側も肉体関係が関わってくると、その分リスクも大きくなります。肉体関係に対して対価をもらう(あげる)と売春行為とみなされ検挙されることも。相手のことが本当に信頼できるかどうか確認し合ったうえで、関係を結ぶことをおすすめします。

都度・定期のパパ活相場は?

wiktor-karkocha-704763-unsplash

1回限りのパパ活を「都度」、定期的に会う関係を「定期」または「月極」と言ったりします。

都度はその日限りの関係。後腐れもなく楽ですが、金額は低め。1回のデートで5千円~3万円というところでしょう。

一方定期の関係は、月に数回会うことになりますが、その分金額は高め。男性としては相手の女性と仲良くなることを求めているので、そういう子には多くお金を払います。定期の場合は、固定金額を会う日数で割ると、だいたい1回につき1万円~5万円に。基本的には会う時間で時給換算するとわかりやすいでしょう。

パパ活初心者は都度から始めて、良い人に巡り合えたら定期の関係にシフトしていくのもおすすめ。

年代別のパパ活相場(20代・30代・40代)

パパ活の内容別での相場をみていきましたが、次は年代別での相場について説明していきます。

20代の相場

パパ活を最も行っているのが20代です。20代は女性にとって最も自分を引き立たせてくれる美しい時期。パパ活を行う上で需要もあり、最適な年代と言えます。

20代での月額相場は10~30万円ほど。大学生などが空いている時間に複数の男性とパパ活を行うことで、お小遣いを多く得ています。20代だと時間も元気もあるので、複数の男性を相手にするのは難しくないです。

30代の相場

30代の女性もパパ活を行っている人は専業主婦であったり、仕事返りや土日の副業としてであったりと様々な方。月額相場は10~30万円と、意外なことに20代とは変わりません。

30代の方は20代の方たちに比べて、肉体関係込みでのパパ活をおこなっているため、月額での相場が高いと言えます。

40代の相場

40代でも自分の若さを保ち、美しさのケアを入念に行いながらパパ活を行っている方がいます。

月額相場は30万~50万ほどと、20代や30代と比べて高くなっていることがわかります。そもそも40代でパパ活を行っている人が少なく、データの母数が小さいことも理由の一つ。

40代女性がパパ活で相手にしている男性の年齢です。20代は30~40代、30代は40~50代を相手にパパ活をしていますが、40代の女性は50~70代と、男性がもっとも経済的に安定している年代とのパパ活を行っています。

しかし、40代は20代と比べると需要がないのも事実。パパ活で収入を得たいと考えている方は、自分磨きを怠らず、男性に魅力的だと思ってもらえるように努力しましょう。

地方のパパ活相場はどのくらい?

地方のパパ活相場は東京・福岡・大阪などの都市部とは異なります。地方の場合2~3時間のデートで5000円~2万円くらいが相場。都市部より数千円安くなるイメージです。

とは言え、地方ではまだパパ活が盛んではないため、競争率は低く、入れ食い状態になる可能性も。そうすれば金額を引き上げることも可能です。今のうちから固定のパパを見つけておくとよいでしょう。

パパ活するなら!おすすめのアプリはこれ

sugardaddy

パパ活には危険が伴います。危ないことをしてくる男性が悪いですが、自分で責任がとれないならば危ない橋を渡る必要はないでしょう。またパパ活は若さをお金に変えているので、歳をとってきて男性から見向きもされなくなったとき仕事をしていなければ、お金を稼ぐことに苦労してしまいます。それでもパパ活をやりたい場合は、若いときだけだと割り切って短期的に活用しましょう。

パパ活するなら専用アプリがおすすめ。シュガーダディは魅力的な男性と夢を追いかける女性とをマッチングさせてくれるサイトです。アプリ上でスケジュール調整ができるのも便利。公的証明書で本人確認を行ったり、24時間365日の監視体制があるので、怪しい掲示板よりは安全。登録は無料なので、まずはどんな男性がいるかチェックしてみて。

ワンランク上の男性を探すならシュガーダディ(18歳以上のみ)

関連した記事

パパ活アプリの定番!ペイターズの使い方と口コミを3分で解説

今巷で話題の「パパ活」。若い女性の間ではパパ活する...

2019年07月04日, パパ活

パパ活サイトの定番!3分で分かるシュガーダディの使い方

シュガーダディは、夢を追いかける女性と、それを応援...

2019年07月04日, パパ活

どこからが援助交際なのか?売春やパパ活との違いを紹介

コンドームを製造販売する相模ゴム工業の調査によれば...

2019年08月06日, パパ活