大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

エッチしたいから付き合う?男性の本音・セックスに対する価値観とは

PARTNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

「エッチしたいから付き合おう」と言われた。女性にとっては理解しにくい価値観です。なぜ男性はセックスをしたがるのでしょうか。

簡単にセックスしてしまうと、相手の男性にヤリ捨てられる可能性もあります。女性としては積極的にセックスするのは難しいところ。

「エッチしたいから付き合う」という男性の本音や、セックスに対する考え方を知りましょう。

なぜ男性はエッチしてから付き合おうとするの?

matheus-ferrero-296553-unsplash

男性と女性とでは、エッチに対する価値観に差があります。女性にとってのエッチは、気持ちのつながりや、同じ気持ちであることが重要です。

好きな人とじゃないとできない、と感じる女性は多いかもしれません。それもそのはず、女性にとってエッチはリスクになるからです。

出産の痛みを強いられるのは女性。うっかり妊娠してしまい、中絶という選択をしたときに痛み苦痛を伴うのも女性です。それにより子どもが欲しいときに望めなくなる可能性も背負うことになります。

苦痛と表裏一体であることから、女性にとって気軽に考えられるものではありません。

一方、男性にとってエッチは、そのほとんどが快楽と直結してることが多いです。女性と違い身体的リスクを負うことはない、だから相手がどう思っていようとしたいときにできるというのが男性の生理とも言えます。

男性にとってもセックスは大切なコミュニケーションですが、それ以上に快楽に直結することなので、「付き合いたい」よりも「エッチしたい」という気持ちが先行することも珍しくないでしょう。

男はエッチしてから付き合うことをどう思ってる?

前提として、男性の性欲は女性よりも直接的です。女性にも性欲はありますが、あくまでロマンチックな恋愛や言葉があった上でのセックスや性欲。男性の場合は「射精したい」この1点のみです。

もちろん彼女や女性のことを愛してはいるのですが、それとこれとは話が別。日頃から女性の何百倍もセックスのことを考えています。

日常においても第一印象でこの女とはやれる、やれないを判断していることも。

そのため狙っていた子とセックスすると、目的を達成してしまい、急に冷めてしまうことも。セックスを数回して振られた女性は、エッチ目的だった可能性が高いです。

ただ女性として魅力を感じてないとエッチをしたいとも考えないので、好意があるのも事実です。カラダの相性がよければ、恋愛に発展する可能性もあります。

しかし、わざわざ「エッチしたいから付き合おう」という男性は、好きというか感情が薄く、一度エッチをしてしまったら離れてしまうことも多いようです。

セックスから始まる恋でも、うまくいく場合はある

becca-tapert-357529-unsplash

ひと昔前の日本だと、結婚するまで純潔を守るのが美徳とされてきました。現在でもそのような価値観を持っている人はいますし、素晴らしいことです。一方で、カラダの相性というものは結婚して夫婦生活を営む上ではとても重要なもの。

海外ではセックスしてから付き合うということも割と一般的です。付き合う前にデートしてセックスすることで相手がどういう人なのかを知ろうとします。

セックスせずに付き合ってしまうということは、相手を半分しか知らない状態で付き合うということ。いくら優しくて話があって面白くても、セックスが楽しくなければその関係は長くは続かないでしょう。人間の本性は文字通り「丸裸」のときに現れます。

とは言っても、付き合う前にセックスすることは女性にとって「ヤリ捨て」のリスクを背負うこと。そのためセックスに至るまで、ある程度時間を置くことが大切なのかもしれません。

「エッチしたいから付き合おう」と言われたらどうする?

まずあなたがその男性のことを好きなのかどうかで対応が変わってきます。あなたが相手のことを好きならセックスしてもなんの問題もありません。もし仮に男性があなたのことをめちゃくちゃ好きでなくても、そこから好きになってもらえるように努力すればいいだけの話。セックスはきっかけに過ぎません。

もし相手男性のことをそんなに好きじゃない/もしくは悩む程度の相手であれば、きっぱりお断りしましょう。好きじゃない人とセックスしても一時の寂しさは紛れるかもしれませんが、長期的にはあなたを満たす相手ではありません。

そもそも「エッチしたいから付き合おう」という男性はバカ正直というかアホなのかもしれませんが、ポジティブに捉えれば嘘をつかない誠実な人です。セックスにおける男女の駆け引きはとても難しいですが、最終的には自分が傷つかないように行動しましょう。