大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

ブラジル人のセックスの特徴7つ:生涯現役が当たり前!

PARTNER編集部
公開, 更新 , セックス

日本のちょうど反対の位置にある国、ブラジル。ブラジル人には情熱的・サンバ・とにかく陽気・サッカー大好きなどのイメージがありますが、恋愛観やセックスについては我々日本人と異なる価値観を持っています。そんなブラジル人のセックスの特徴を見ていきましょう。

ブラジル人のセックスの特徴

alina-kovalchuk-1273139-unsplash

1.恋愛する前にセックスする

ブラジルでは、恋人同士になる前にセックスするのが一般的です。

その理由は、好きになってからセックスをして、相性が悪かった場合にお互いが辛い思いをするから。つまり、本格的な恋愛関係へと発展させる前に、お試しでセックスをしてみるということです。

日本の価値観では「不潔だ!」と批判されてしまいそうですが、日本人にもセックスの相性で悩む人はたくさんいますから、実は合理的な考え方なのかもしれません。

2.セックスはスポーツだ

ブラジル人は日本人ほど、セックスと恋愛を結びつけて捉えてはいません。

彼らにとってのセックスは、さながらスポーツの様なもの。ちょっと良いなと思った異性を、テニスに誘うくらいのノリでベッドへと誘うのです。

3.バーでは口説くのが当たり前

イタリアには「女性と会ったら口説かなければ失礼」という文化がありますが、ブラジルの場合も同様です。

バーで男性が女性の隣に座った場合、10分後には肩に手を回してキスをしているのが当たり前。30分経ってもただお喋りしているだけでは、女性は怒って帰ってしまいます。

4.毎日セックスが当たり前

コンドーム・メーカーの調査(2007年発表)によると、ブラジル人が1年間にするセックスの平均回数は145回でした。

また、18歳~70歳の63%が、週3回以上セックスをしていると回答しています。ちなみに日本人の平均は年間48回なので、約3倍の差があります。

5.大きいお尻が人気

スタイルに関してもブラジル人は世界一。国際的なミスコンでブラジル人が優勝することも多いです。

日本では何かと笑われることの多い大きなお尻ですが、ブラジルでは強力なセックスシンボルとなります。キュッと上がった大きなお尻こそ最もセクシーなものだと考えられています。

6.前戯も全力でやる

ブラジル人は陽気な性格からか、基本的に行き当たりばったりで、デートの詳細な計画などはたてないことが多いです。その反面、彼らはとても直接的な表現を好みます。セックスにおいても同様で、下手な駆け引きなどはしません。

本番はもちろん激しいプレイになりがちですが、前戯も全力で行います。先のアンケートによると、ブラジル人女性の81%が「前戯に満足している」と回答しています。

7.歳を重ねても現役

日本人男性は年を重ねれば重ねるほど現役から遠ざかっていきますが、ブラジル人のセックス頻度は何歳になっても変わりません。

むしろその経験の豊富さを活かし、さらなる新境地への開拓に挑みます。

お爺さんたちの集まりでは、「この薬が血圧に効いた」という程度のノリで、「この精力剤が凄く良かった。今度使ってみなよ!」などという会話が繰り広げられるそうです。

8.ブラジル人とセックスするなら

shutterstock_773995387

ブラジル人は恋愛もセックスも情熱的。一方で日本人は慎重で繊細な面が多く、男らしく感じられない場面も。

日本人男性では頼りなく感じる、物足りないという人は積極的なお国柄の外国人を相手にするといいかも。

マッチドットコムは世界25カ国で運営されている、世界最大のマッチングサービス。国籍や居住地などから相手を検索できるため、たとえば「東京に住む25歳のブラジル人」という探し方もできます。登録は無料なので、まずは近隣エリアにいい人がいないか探してみましょう。

世界最大級マッチングサイトMatch.com(マッチドットコム)