[ネットナンパ]亭主がいない隙に...セックスレスで渇いた人妻をストライク!

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , ナンパ・逆ナン

h-5

人妻・主婦にとって週末は、亭主や子供が家にいてなかなか抜け出すのが困難。だからというわけではないが、平日の昼間は彼女らの絶好の“昼顔タイム”なのだ。

「出会い系アプリ」を見ても、この時間帯に向けて相手を探している人妻・熟女のメッセージをよく目にする。

それでも遊ぶ時間を作れる方々は良い方で、なかなか時間が取れなかったり、男性と時間が合わない、と女性の嘆きもよく耳にするものである。

そうした主婦たちを狙う穴場が、意外と土日祭なのをご存知だろうか?

亭主がいないときに人妻は股を開く

私の場合は会社勤めというよりも、小さいながらも自分でビジネスを興しているので時間の融通が効くほうである(ペン・ルーン/51歳・バツイチ・独身、古着や銀塩カメラのネット販売を展開中)。

だから熟女系と昼間に楽しんできたのだが、女性側から見ると普通の男性は働いている時間なので、なかなか昼間にアポを取るのは難しいようである。

「ご主人には相手にされずにレス、かといって出会い系でも上手く時間が合わないとなるとセックスの欲求は溜まるばかり」と、今までに実際に会った熟女・主婦層の女性は口をそろえていたっけ。

余談だが、そんな私でも昼間に時間を作るとなると、多少の無理をせざるを得ない。それだけに、ヒマを見つけて遊ぶ時は、思いっきり遊ぶようにしているのだ。

その週は季節モノのセールも終わり、後半からは時間が取れそうな気配であった。そうなると、あらかじめエッチできそうな女性を出会い系で見つけておくのが私のパターンである。

私はいつもお世話になっている出会い系「ハッピーメール」にログインして、自分の掲示板にメッセージを入れておいたのだ。

「今週の後半から週末にかけて、時間が取れそうなオジサンです。同じように、時間と体が空いている人がいましたら楽しく過ごしましょう!」。

カテゴリーは「大人の掲示板」で、分類は「大人の出会い」をセレクトしておいた。

「大人の~」というのが、何とも想像力をかきたてていいじゃないですか!

そうやって、あとは女性側からのメッセージを待つだけの状態にしておいたのである。ちょっと出荷上のトラブルがあったりしてバタバタしていたのだが、仕事をしながらでも勝手にメールを受けてくれるので便利な事この上ないのである。

そうして2日~3日の間が空いて自分の掲示板を見てみると、12通来ていたメールの中で1通だけ気になるメールが入っていた。少ないようだが、土日は外に出にくい人妻・主婦層を狙っていたので想定内である。

「もう、お相手は決まってしまいましたか?日曜日に主人が海釣り行くので、お会いしたいんですけど…」

どうやら、ご主人の出かける間にここぞとばかりに「遊びたい」らしい。

土日の人妻・主婦からは、このようなカキコと同様に「主人がゴルフで」とか「慰安旅行に行っていて」といったメッセージもあるので、意外と狙い目だったりするのである。今回の「主人が釣りに~」というのも、典型的な例である。

こんな奇特なメッセージを送ってくれたのが、夏美さん(仮名・33歳・専業主婦)だった。このメッセージをくれたのが金曜日で、それから約1日半かけて、じっくり&頻繁にアプリ内のメールでやり取りしたのだった。

こちらが「メタボの入った普通のオジサンですよ」と書いておくと、

「ワタシも普通の主婦ですよ。美人でも巨乳でもないですから、エッチは期待しないでね」

限られた時間の中で10回以上は、メールの交換はしたかなぁ。曜日が決まっているので「雨でも決行よ」と成ったのであった。

私はアポが早朝だったので、空いている一般道を川口(埼玉県)へ向けて愛車を走らせていた。10年落ちのボルボ・ワゴンも、相変わらず調子がいいのでゴキゲンである。

すると夏美さんから「予定通りでOK。ワタシも駅へ向かいます。アナタは、どの辺?」とメールが。私はクルマを左端に止めて「あと5分くらいで着くよ。天気が良くて気持ちいい」。

そうしてJR川口駅前のロータリーへ到着。そこへ、程なくして夏美さんらしき女性が近づいてきて手を振っている。

ブルー・デニムに黄色いポロシャツ。全体的に痩せていて、遠目にはJDに見えた程だ(笑)。ただ、痩せているのはボディだけではなくてオッパイやヒップも同様でヤンキーっ気の抜けた尼神インターの渚に似ている。基本的には美形である。

「胸はナイって書いておいたから詐欺じゃないよね。Aカップの夏美で~す、はじめまして。スカートの方が良かった?」

この挨拶を交わしたのが午前7時半。日曜の朝なので人の目を気にする事なく、彼女は堂々と駅前でボルボに乗り込んできた。

私「夕方前までには、帰れば大丈夫なんでしょ?」

夏美「旦那にオニギリ作るのと一緒に子供の朝・昼の分も握ってきたから。もちろん、ワタシたちの分も。だからさぁ、のんびりできるっていうわけよ…(微笑)」

セックスレスの人妻の恐ろしさを知る

そのまま国道122号線(通称、ワン・ツー・ツー)に出て、沿道のラブホへインした。すると彼女は、キスももどかしい様子で「シャワーはあとで…」と即マンを促してきたのである。そのまま、すぐに着衣のまま結合して、彼女は1回果てて満足げだった。

「これで少しは落ち着いたわぁ。まだまだ若いのに、旦那に放っておかれて可哀想でしょ?」

と言いながら、着ていた服を全て脱ぎ捨てて全裸へ。水色のブラとショーツが清楚感を演出していたようだった。

「ペンさんも全部脱いで、今度はこっちで向き合ってシようよぉ」と、夏美さんはソファで対面座位でグイグイと腰を振り出し始めたのだ。痩せたデルタでモリマンなので、私の股間ともピッタリ・フィット! 今度は、同時にイく事ができたのである。

その後は風呂にはいったり、オニギリを食べたり、午睡をしたり…。夕方までに、私が(やっと)3回発射する間に、彼女は7回もイったようだった。

「うちの亭主、毎週でも釣りに行かないかなぁ。そうすれば、頻繁に会えるのにね」

どうやら、私をセフレにするつもりのようだ。それはそれで、嬉しいが体力的にきついかもしれない、と思った休日だった。

関連した記事

[ネットナンパ]「お父さんみたい..」おじさん好きの20代JDとホテルでいちゃいちゃセックス

会社では真面目かつ温厚で通っている私だが、実はまだ...

2019年06月19日, ナンパ・逆ナン

[ネットナンパ]防戦一方!元風俗嬢のテクニックで秒殺ストライク

出会い系サイトを利用する場合、効率よく出会ってセッ...

2019年06月19日, ナンパ・逆ナン

[ネットナンパ] 教育関係。可愛すぎずブサイクすぎない惟子をストライク!

<img src="https://admin.m...

2019年06月21日, ナンパ・逆ナン

いま話題の記事