老人ホームのセックス事情:人間生きていれば性欲はなくならない!

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

最近は高齢化が進んでいることもあり、老人ホームに入る人が増えています。

現実としては増えていると簡単に表現ができないほどの人数になっており、どこの施設もパンパン状態になるほどです。

自分自身がいずれその老人ホームに入る可能性もあります。

老人ホームでの生活は通常の日常的なところであれば想像がつくかもしれませんが、セックスという側面で見ると知られていないところはたくさんあることはお気づきでしょうか。

年齢を重ねていっても性欲というものは減退しないのが通常の人間です。老人ホームに入ったらどうなるのか、セックス事情はどうなのか、それを気にする人がいます。

実際の老人ホームで起きているセックス事情とはどういったものなのでしょうか。

利用者同士で恋愛感情に発展

歳をとっても恋愛感情というものは必ずあります。

それが若い時みたいに直接的な表現をするのかどうかは人によりますが、人間である以上は普通のことです。

だからこそ同じ施設内で生活をしていると、自然とそういった感情が芽生えてくる、という話をよく聞きます。

恋愛感情に気づいたらお互いに性欲も湧いてきますのでセックスまで及んでしまうというわけです。

興味本意でするパターンも!

歳をとっていくと心も体も若い時とは全く変わってきます。

色々と時間が経っていくとセックスをする機会は間違いなく減るのが現実です。

しかし、歳を重ねてからどんな感じでセックスをするのかを単純に知らないので興味があってセックスしてしまう、という人がいます。

このパターンは、お互いがそういう対象なので、色々と疑問に思いながらプレイをしていく、という人が非常に多いのが特徴です。

単純に寂しさゆえにセックスをするパターンも

老人ホームに入っている年齢というと、長年寄り添っていた相手が先に他界してしまった、というパターンも頻繁にあります。

特に随分前に先立たれているような人は、ずっと1人で寂しい思いをしてきたわけです。

寂しさを紛らわせるために、老人ホームで相手を見つけて性行為に及んでしまう、ということもよく聞く話です。

これに関しても理由を聞いてしまうと、納得できるというか、納得せざるを得ないと言えるでしょう。

快楽目的でセックスすることも

単純に快楽を味わうためにセックスする、という人もいます。

あくまで本能的なものですが、お互いに妊娠するというようなリスクは、とうの昔になくなっているわけです。そのため、普通にセックスを楽しんで遠慮なくプレイする事ができると言われています。

ただお互い気持ちよくなりたいからセックスをするというのは、どの年齢になっても変わらないのでしょう。

性欲がなくならないのは異常ではない

結局はどの年齢になっても性欲が無くならないということは理解していただけましたか。

自分自身がその立場になっているとしたらどうでしょう。

性欲は人間として生き続ける限りは無くなるものではないので、老人ホームでの性事情にも納得ができる、という声が非常に多いです。

関連した記事

[男女別]セックスしたくなる瞬間

一般的に男性の方が女性よりも性欲が強いと言われてい...

2019年05月23日, セックス

ラブローションの使い方まとめ:Amazonでおすすめのローション5選

ローションと聞いてイメージするのは、ソープランドな...

2019年05月30日, セックス

身請けは現代でもあるの?花魁に払われたのは4000万円??

現代では聞く機会がなくなりましたが、江戸時代などで...

2019年05月23日, セックス

いま話題の記事