女性がオナ禁する効果とは?メリット・デメリット・オナ禁を続けるコツ

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , オナニー・セルフプレジャー

オナ禁とはオナニーを自ら禁止すること。男性にもオナ禁をしてる人もいますが、女性の中にも「オナ禁しようかな」と迷っている人は多いでしょう。

女性がオナ禁をして得られる効果やメリットはあるのでしょうか。

女性のオナ禁の効果・メリット

女性の6割~7割が行っているオナニーですが、一方でオナ禁をする女性もいるようです。

女性のオナニーは、男性ほどオープンではないため罪悪感があったり、家族や同居人に見つかる可能性もあります。またオナニーにハマってやりすぎて、睡眠不足になるなど、オナ禁をする理由は様々。そんな女性のために、オナ禁することで生じるメリットや効果を紹介します。

セックスでイキやすくなる

当然ですがバイブなどを使った刺激の強いオナニーに慣れてしまうと、普通のセックスでは満足できなくなります。

1~2週間のオナ禁をすることで、低刺激でもイキやすくなるでしょう。

何事もバランスが大事。最近オナニーしすぎかもと思ったら、ちょっとの間だけ我慢すれば、彼氏も喜ぶかもしれません。

睡眠の質が向上する/体力が回復しやすくなる

オナニーにハマると、つい寝る間を惜しんでオナニーをしたり、夜遅くまでアダルトビデオや、エロ漫画を読んでしまいがち。寝不足によって、次の日の仕事に悪影響があったり、お肌や体調の調子にも悪いです。

オナ禁を始めることで、しっかりと睡眠時間を確保することができるので、健康的な生活を取り戻すことができます。

オナ禁するとクリトリスが小さくなる?

「オナニーをたくさんする女性はクリトリスが大きい」とはよく聞きますが、それならオナ禁で小さくなるはずでは?と思いますよね。

成長期にマスターベーションを繰り返し、クリトリスに摩擦を加えることで肥大化してしまうという説があります。クリトリス肥大化の原因に「成長期のオナニー」が関わっているというのは本当なのでしょうか?

残念ながら、クリトリスの大きさは遺伝で決まるのだそうです。

米国女性ビルダーが男性ホルモンを服用しクリトリスが肥大化したという話がありますが、もともとクリトリスは「ペニスになる予定だったもの」ですから、大きさに関係しているのは摩擦ではなく男性ホルモンと考えられます。

男性のマスターベーションは成長期から始まりますが、成長期の摩擦だけで肥大化するのであれば、ペニスのサイズで悩む男性は存在しません。

よって、オナニーでクリトリスが大きくなることはありませんし、オナ禁してクリトリスが小さくなることもないのです。

オナ禁すると乳首がピンクになる?

女性の乳首が黒ずむのは、生理前に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が原因です。プロゲステロンはオナニーで増減することはありませんので、これは都市伝説ということになります。

乳首の色だけではなく、メラニン色素は遺伝によるものです。よって、オナ禁が乳首の色に影響することはありません。

集中力が増す、疲れにくくなる

女性がオーガニズムで消費するカロリーは100kcal以上だと言われていますが、これは30分間普通の速さでウォーキングをした時に相当します。

1度のオナニーで2回オーガニズムに達すれば、その倍疲労が蓄積されるのです。オナニーは意外と体力を使いますので、オナ禁することで体力を温存でき、集中力が増すと考えられます。

女性がオナ禁するデメリット

オナ禁によるデメリットとは、身体的な変化が訪れる可能性があることと、ストレスがたまることです。

基本的に適切な頻度でのオナニーは、そこまで身体に害はないですが、やりすぎると、様々な不調をきたす可能性があります。ここでは女性がオナ禁することで生じるデメリットについて紹介します。

感じにくい身体になる!?

オナ禁するとエッチな気分を忘れてしまい、彼とセックスをする時に思うように感じられないこともあるかもしれません。

オナニーは身体のメンテナンスの意味もあります。ほどよく感じる練習をしていないと、いざという時に楽しめなくなります。

イライラし、ストレスが溜まる

オナ禁することにより、性欲が高まり寝付けなくなったり、欲求不満でストレスが溜まりメンタルが追い詰められることが考えられます。

女性ホルモンを整える効果があるため、完全にオナ禁してしまうと女性ホルモンが崩れやすくなり、更年期障害が早々に始まってしまう危険も。

女性のマスターベーションはリラックス効果があるため、オナ禁はその分癒しを失うことになります。

やっぱりオナニーしたい。なんだったらもっと気持ちよくなりたいという人は大人のおもちゃを使ってみては。最近はネット購入で家族などにバレずに購入することができます。

アダルトグッズAmazon公式

オナ禁するコツ

オナ禁をいざ決意しても、人間の生存に関わる「性欲」を我慢することは容易ではありません。オナ禁にも当然コツはあります。

徐々にオナニーの回数を減らしていく

いきなり完全に0にするというのも難しいものです。そういうときは徐々にオナニー回数を減らして、身体を慣れさせましょう。

毎日やってるオナニーを、2日に1回、3日に1回にしていけば、だんだんと回数を減らせるはずです。達成できる目標を立てることが基本です。

AVを見るのを我慢する

なぜオナニーをついついしてしまうのか。それはAVやエロ漫画を読んでしまうからです。視覚から入る情報は脳内に与える影響が高く、性欲を沸き立たせます。

まずブックマークしているエロサイトを削除しましょう。またブラウザによってはコンテンツフィルタリングと呼ばれる、指定のサイトを閲覧不能にするプラグインなども無料で配布されているので、必要に応じて設定しましょう。

スマートフォンも手軽にアクセスできるため、危険です。なるべく家では見ないようにし、オナ禁できる環境をつくりましょう。

運動をする

ムラムラとして性欲を抑える効果的な方法の一つに、運動があります。最近の若い女性の間では筋トレがブームですが、運動によって適度に汗をかくことで、ストレスが解消でき、あまりムラムラしなくなると言います。実際アメリカの大学の研究チームが行ったアンケートでも、激しい運動を行った人の方が、性欲減退する可能性が高いという報告があります。

筋トレは1度ハマるとついやみつきになってしまいますし、クセになるという点ではオナニーにも似ています。ダイエット効果もあって一石二鳥なので、一番よいオナ禁方法ではないでしょうか。激しい運動が苦手な方は、ヨガなど軽い運動から始めて見るのもよいでしょう。

女性がオナニーする効果

男性と比べて語られることの少ない女性のオナニーですが、2013年の日本家族計画協会の調査によると、約6割の人が「過去にオナニーをしたことがある」と答えています。おそらくアンケートに正直に答えられない人もいると思うので、実際はもう少し多いでしょう。

女性のオナニーは、一般的には肌ツヤがよくなる、フェロモンが出るなどと言われています。性的な刺激は、脳内のホルモンバランスを整える作用があるので、全くやらないよりは、やったほうが効果はあると考えられています。もちろん体調や精神面での安定が前提なので、すべての人にその効果があるわけではありません。

女性がオナ二ーするメリット

女性のオナニーのメリットとして、まず挙げられるのが性感帯が開発され、感じやすくなるということです。快感になれておくことで、パートナーとのセックスの際に感じやすい身体になるでしょう。

また、オナニーをすることで女性ホルモンの活発化を促すことができます。肌の荒れや生理不順が改善され、健康的で綺麗なお肌を手に入れることができ、また、女性らしい身体を作ることができます。

オナ二ーは快感を得ることができるものなので、当然リラックス効果を得ることもできるでしょう。オナニーによるリラックス効果は、半身浴やエクササイズに比べると3倍の効果があると言われています。

女性がオナ二ーするデメリット

デメリットとして挙げるとすれば、間違った方法、または過度なオナニーにより、膣内炎症を起こしてしまう可能性があるくらいです。

気をつけていれば、対処できる問題なので、さほどデメリットではないのかもしれません。

女性のオナ禁の効果・メリット・デメリットまとめ

総合的に見て、オナ禁をするメリットは少なく、むしろ、オナニーをすべきであると言えるでしょう。オナニーは適切に行えば、身体にも精神にもよい影響を与えます。一方で、オナニーをやりすぎると、寝不足になったり、逆にストレスがたまったりして、悪影響がないわけではありません。

オナ禁のメリット・デメリットを踏まえながら、適度なオナニーで健康的な生活を送りましょう。もし今のオナニーに物足りないと感じている方は、アダルトグッズを用いるといいかも。Amazonには数万点のアダルトグッズが用意されています。

ネットなら買うところを見られず安心です。

アダルトグッズAmazon公式

関連した記事

セルフプレジャーグッズ「iroha(イロハ)」が女性に支持される理由

アダルトグッズ大手のTENGAの調査によると、女性...

2019年06月19日, オナニー・セルフプレジャー

生理中にムラムラするのは自然?生理中にオナニーするときの注意点

生理中にオナニーしたくなって困った経験を持つ女性も...

2019年06月19日, オナニー・セルフプレジャー

女性のオナニー平均回数はどれくらい?毎日やってる人も!

ムラムラするときや、欲求不満なとき、役に立つのがオ...

2019年06月12日, オナニー・セルフプレジャー

いま話題の記事