異常性癖の原因と種類:ノソフィリア・メイシオフィリア・ネクロフィリアなど

異常性癖の原因と種類:ノソフィリア・メイシオフィリア・ネクロフィリアなど

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

異常性癖とは、たとえば自分の裸を露出することによって快感を得る露出狂など、正常な人は興奮しないが、本人はその行為もしくはモノに性的な興奮と快感を感じる性癖のことです。

この異常性癖を持った人は、ストレス社会といわれる現代でかなり増えていると言われています。

異常性癖はなりたくてなれるものではなく、あるとき、ふと性癖が異常なことに気付く人が多いようです。今回は、常人が理解できない異常性癖を紹介します。

異常性癖は俗称

異常性癖という言葉は俗称であり、精神医学の世界では「性的倒錯」「性嗜好異常」などと言われています。(英語ではパラフィリア)

社会通念や道徳から逸脱した性的嗜好のことを指しますが、時代や国、文化によって社会通念は異なることから明確な定義はありません。

異常性癖の原因

異常性癖の原因はさまざまですが、一説には、幼いころのトラウマ、または環境の影響が考えられます。

小さい頃にショッキングな映像を見た、親族から虐待・性的暴行を受けたなど、脳に強い刺激を受けたことにより、性癖が変化したものと考えられます。

また、薬剤による影響もあると言われています。抗精神病薬のアリピプラゾールを服用すると、異常性欲を発症することがあると言われています。

代表的な異常性癖5つ

ノソフィリア (病症性愛)

ノソフィリア、別名、病気愛好(病症性愛)とは、病気や病症状態の身体への性的嗜好です。 自分か相手、どちらかが病気の状態を求めます。

相手が病気になるほうが好きな人は、病気の状態の人を見たり、看病したり、世話をすることに興奮を覚えるようです。

自分が病気になるほうが好きな人は、弱った自分自身や患部に興奮し、また、病気の内容にこだわりのある人もいます。

見た目でわかりやすい病気、わかりにくい病気、弱って動けないなど、好みは様々です。

ラクトフィリア(母乳性愛)

女性の乳房から母乳が分泌されるシチュエーションに対して性的嗜好を抱くことが、ラクトフィリア(母乳性愛)の特徴です。

搾乳プレイ、授乳プレイをしたいと思ったり、母乳を飲んだり浴びたりしてみたいという気持ちが強くある人もいます。

ラクトフィリア(母乳性愛)の方は、甘えん坊な人がとても多いそうです。子供のように母親の温かく大きな愛情を感じたいと思っています。

メイシオフィリア (妊婦性愛)

妊娠して膨らんだお腹や黒ずんだ乳首や乳輪、つわりなどに性的興奮を感じます。

妊娠は一時的な状態なのと、妊婦との性的行為は極力避けた方が良いため、実際にプレイする機会はあまりありません。

ぬるま湯や空気などを大量浣腸して、擬似的に膨らませた状態にしてプレイすることもあります。

どうしても本物の妊婦とプレイしたい場合は、妊婦専門の風俗を利用するか、自分の奥さんが妊娠している時に頼むことがあるようです。

母体への影響を考え、あまり激しいセックスはしない、コンドームを付ける、クンニやアナルセックスは避けるなどの注意が必要でしょう。

ペドフィリア(小児性愛)

小児性愛は、大人になってからも、子どもに対して過剰な性愛の感情を抱くことを言い、精神的な病気としても位置づけられています。

俗にロリータ・コンプレックス(ロリコン)とも言われますが、幼稚園児や小学生を見て、普通の人が異性に抱くような性的感情を子供に対して持つようです。

現代で、このロリコンは批判の対象になっており、規則も厳罰化していますが、実際は脳の病気だったり、過去のトラウマが原因なので、法律を厳しくても完全になくなることはないでしょう。本人もなぜ小学生に興味を覚えるのか疑問に感じている場合もあります。

現在ではロリコンは完治は難しくても、治療はできるということで、さまざまな回復プログラムが行われているようです。

シュムドネクロフィリア(疑似死体性愛)

死体ごっこに性的興奮を覚える人は、実は多いと言われています。

公言することを避けている人が多いのですが、プレイ内での死体ごっこが実現すると、味をしめるそうです。

死体を見てただ興奮するだけでなく、性行為もすると言われます。原因は幼少期に眠っている母親の姿に愛情を感じ、それが欲情へと移行したためと考えられているようです。

関連した記事

世界よ、これが日本だ。セックスレスなのに変態の国・日本の不思議

日本は世界でもっともセックスをしない国ですが、「H...

2019年07月04日, セックス

江戸時代のセックス・性風俗・オナニー事情:武士が浮気をすると死刑?

江戸時代は戦乱の無い時代が二百年以上も続いた、世界...

2019年08月08日, セックス

古代人のセックス事情:ヨーロッパ・日本・中国の性の歴史

性倫理は時代によって大きく異なります。現代から遠く...

2019年07月11日, セックス